スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆緑の帽子はどうしてダメ?(贈り物選びに要注意)

◆中国人の女の子たちのグループに「緑色の帽子」をかぶった男性が現れると女性陣がみんなくすくすと笑い出します。(中国人の男性は間違っても「緑色の帽子」をかぶって女性の前に現れませんが・・・)例えば、日本人の男性は「どうしてみんな笑っているのだろう???」ときょとんとしてしまうかも知れません。

実は「緑色の帽子」というのは・・・、「私のガールフレンドは別の男性と『不倫』をしていますよ」とみんなの前で宣言しているようなものです。「緑色の帽子」というのは「妻を他の男に奪われた男性」という意味があります。つまり、「不甲斐ない男性」を意味します。

その理由は諸説あるようですが・・・。昔の中国の元王朝、明王朝時代に娼婦の親族の家長は「緑色の頭巾」(一説には青)を頭に巻いていたという説があります。また、当時は色によってその階級や身分を表わしていたようで、身に付ける衣服の色まで法律で制限がありました。実は、「緑」や「青」は「賎職」の色とされていました。

当時は階級制度が厳しく、「娼婦など賤職に携わる人々は緑の衣服を身にまとうように」という決まりがあったとも言われています。「娼婦の父および家族は青色の帽子をかぶること」という規則があり、それが「緑の帽子」という形で現代に残り、「戴緑帽子」(dai lumaozi)という中国語は「妻を寝取られた男」という意味するが今でも残っているわけです。

しかし、最も納得させられるエピソードは・・・。昔々、ある女性が結婚しているご主人とは違う別の男性を好きになってしまいました。この女性のご主人は商人で、商売で地方に出張で出かけることが多かったそうです。そして、女性は自分の夫が出張に行くときには必ず「緑色の帽子」をかぶせたそうです。
つまり、「緑色の帽子」をかぶっているかどうかがこの女性から浮気相手の男性への合図です。もし、男性が帽子をかぶって出かけたら、「今夜はOK」の合図です。もし、帽子をかぶっていなかったら、今夜は男性は家に戻ってくるというサインなのです。

 くれぐれも中国人の前で「緑色の帽子」をかぶらないように・・・。もちろん、プレゼントとしても禁物です。会社のエコキャンペーン、グリーンキャンペーンで「緑色の帽子」をノベルティとして作って配ったりしていませんか?要注意! (+。+)

◆中国ビジネスヘッドライン
http://www.chinabusiness-headline.com

◆「中国人とうまくつきあうテクニック」公式ブログ
http://crosscosmos.blog10.fc2.com

◆脱線モード/ホンネモードのプライベートブログ
http://blog.goo.ne.jp/ippc

◆フジサンケイビジネスアイ「中国人とうまくつきあう実践テクニック」
毎週土曜日/「専欄」(土曜欄をご覧ください)
http://www.sankeibiz.jp
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント

◆これまでの記事一覧
◆セミナー/勉強会のお知らせ
◆Cross Cosmos Profile

吉村 章

Author:吉村 章
◆中国人ビジネスマンの価値観を理解し、中国でのビジネスを如何にうまく進めていくか、成功談/失敗談、コミュニケーションギャップを乗り越えた事例などから中国ビジネス成功の方程式を考えていくブログです。◆著書に「中国人とうまくつきあう実践テクニック」(総合号令出版/2010年5月)◆産経新聞社「フジサンケイビジネスアイ」に毎週土曜日/コラム執筆中。

◆最新コメント
◆最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。